OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロパティの取得

選択中の工程表に合わせたプロパティを取得するため、下記の関数を作成します。

Function getActiveId As Integer
    
    Dim i As Integer
    Dim s As String
    
    s = ActiveSheet.Name
    ActiveId = -1
    
    For i = 1 To Count
        If s = Properties(i)._SheetName Then
            ActiveId = i
            Exit For
        End If
    Next i
    
    getActiveId = ActiveId
    
End Function

この関数は選択中のシートの名称と、プロパティに登録されたシート名を比較し、一致するシート名があればそのプロパティの番号を戻し、なければ-1を返すというものです。単純ですが、あるのとないのでは大違い。これからガントチャートの操作や描画を行う時にとても役立ちます。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/105-35ea65a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。