OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データの初期設定 その2

準備の中で必ず行わなければならないのが、工程表の描画に用いるデータの読み込みです。そこで、この読み込みを一括で行うための関数を作成しておきます。

Sub LoadAll
    
    mdlCategory.LoadAll
    mdlItem.LoadAll
    mdlSchedule.LoadAll
    mdlPerson.LoadAll
    mdlProperty.LoadAll
    
End Sub

次に描画用プロパティの取得を行う必要があるので、これも下記のように関数を作成しておきます。

Function getProperty As Boolean

    If mdlProperty.getActiveId < 1 Then
        getProperty = False
    Else
        oProperty = mdlProperty.getActiveProperty
        getProperty = True
    End If
    
End Function

すると、このプロパティ関数がFalseとなった時、適切な工程用のシートが選択されていないということになりますので、描画処理を終了させるため、描画実行時に下記の一文を加えて利用します。

If Not getProperty Then Exit Sub

また、プロパティからシート名を取得できるので、実行時に下記の一文を加えて利用します。

oSheet = mdlMain.Sheets(oProperty._SheetName)
スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/112-ed4dae2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。