OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日の色分け

これまでにしっかりと環境を整えてきたので、休日の色分けは非常に簡単です。処理の流れは、

  1. 上端、左端、行数のデータを取得
  2. (1)で取得した数値から塗り分けする部分の列をオブジェクトとして取得
  3. セルの単位が一日単位で、且つ休日であれば色を塗り、そうでなければ無色にする
  4. (2)を次の列で行い(3)を実行し、この処理を描画する列数回繰り返す
というものです。実際のコードを下記に示します。

Sub paintHoliday
    
    Dim i As Integer
    
    Dim Top As Integer
    Dim Left As Integer
    Dim Row As Integer
    
    Dim oCells As Object
    
    Top = oProperty._TopRow + 1
    Left = oProperty._LeftColumn + ChartHeaderColumns - 1
    Row = MaxRows + Top
    
    For i = 0 To oProperty._DrawColumns - 1
        
        oCells = oSheet.getCellRangeByPosition(Left + i, Top, Left + i, Row)
        
        If oProperty._CellUnit =CELLUNIT_DAY And _
            IsHoliday(oProperty._BeginDate + i) Then
            oCells.CellBackColor = oProperty._ChartHolidayColor
        Else
            oCells.CellBackColor = -1
        End If
        
    Next i
    
End Sub

IsHoliday関数はmdlHolidayで宣言してあり、休日であれば真、休日でなければ偽を返す関数です。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/120-d88512a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。