OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工程表シート作成 その2

次に工程の開始日を変更するマクロを作成します。マクロの流れは、Initialize関数で初期化した後、mdlPropertyモジュールのChangeBeginDate関数を実行し、変更されたならば変更を保存してチャートを更新するというもので、コードは下記となります。

Sub ChangeBeginDate
    Initialize
    If mdlProperty.ChangeBeginDate Then
        mdlProperty.SaveAll
        mdlDraw.Update
    End If
End Sub

ここで、ChangeBeginDate関数はmdlProperty内で下記のように実装されています。簡単に処理の内容を説明すると

  1. データを読込み、選択中のシートに対応したプロパティを選択する
  2. 現在のデータをBeginDateに保存しておく
  3. カレンダーを表示して、日付を選択してもらう
  4. 選択した日付がBeginDateと等しくなく、不適切な日付でなければデータを更新して真を返す
となります。

Private Function ChangeBeginDate As Boolean
    
    LoadAll
    getActiveId
    
    If ActiveId < 1 Or Count < ActiveId Then Exit Function
    
    Dim BeginDate As Date
    Dim wk As Date
    
    BeginDate = Properties(ActiveId)._BeginDate
    wk = mdlCalendar.Show(BeginDate, CALENDARTYPE_SELECT)
    If FirstDate < wk And wk <> BeginDate Then
        Properties(ActiveId)._BeginDate = wk
        ChangeBeginDate = True
    Else
        ChangeBeginDate = False
    End If
    
End Function
スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/131-03da60e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。