OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工程表シート作成 その3

作成したマクロをシート上のフォームに割り当てる操作を行います。

フォームを編集可能な状態にしてから、フォーム上で右クリックをして「コントロール」を選択すると、下図のようなダイアログが表示されます。


イベントタブを選択すると、割り当てる事のできるイベントが列挙されるので、「動作時」の右端にある「...」というボタンをクリックします。クリックすると下図のダイアログが表示されます。





そこで、表示されたダイアログの下部にあるマクロから目的の関数があるモジュールを探し、表示されたリストから関数を選択します。そして、「割り当て」ボタンを押すと登録完了です。以降は、このボタンを押す事で目的のマクロを実行する事ができるようになります。

同様に、全てのボタンに必要なマクロを登録します。

実は、これで終わりのように感じられるかもしれませんが、このままファイルを保存して開き、ボタンでマクロを実行させようとするとエラーが出ます。エラーの「OK」ボタンを押してから、再度ボタンでマクロを実行させようとすると今度は正常に動作します。
これは、OpenOffice.orgの自作ダイアログは読み込みを指示しなくては読込まれないために発生する現象で、エラーの後にIDEが表示される事で自作ダイアログが読込まれるので、次からエラーが発生しないのです。そこで、このエラーを回避するため、ファイルを開いた時に自作ダイアログを読込むようなマクロを自動で実行するよう設定します。
ダイアログを読み込むコードは下記となります。

Sub Auto_Open
    DialogLibraries.LoadLibrary("Standard")
End Sub

次に、このマクロをファイルが開かれたら自動的に実行させるため、メニューバーの「ツール」から「ユーザー設定」を選択します。すると、下図のダイアログが表示されるので、イベントタブを選び、イベントの一覧から「ドキュメントを開く時」を選択します。その状態で、下部のリストから目的のモジュール(ここではmdlMain)とマクロ(ここではAuto_Open)を探し、選択してから「割り当て」ボタンを押します。


以上で、1ヶ月工程のシートは完成です。このシートに合わせてプロパティを書けば工程表を更新することが可能となります。また、他の期間も公開されているファイルを参考にすれば、簡単に作成できるものと考えます。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/132-3b08019b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。