OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
With - コードの簡略化

オブジェクトやユーザー定義型の操作をする場合、オブジェクト名やユーザー定義型名を省略して書く事ができます。

用法
With オブジェクト名またはユーザー定義型名
    [処理内容]
End With
[例]
Sub Sample
    With ThisComponent
        m = .Sheets.getCount()
        For i = 0 To m - 1
            MsgBox .Sheets.getByIndex(i).Name
        Next i
    End With
End Sub

ここではThisComponentに対してWithステートメントを適用し、With...End Withの間でThisComponentを省略しています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/17-7bdcf226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。