OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備-その1 シートの取得
OpenOfficeでは、現在選択中のシートを取得するために
ThisComponent.CurrentController.ActiveSheet
としなくてはなりません。
そこで、下記の関数を定義します。
Public Function ActiveSheet() As Object

ActiveSheet = ThisComponent.CurrentController.ActiveSheet

End Function
また、特定のシートを取得するためには
ThisComponent.Sheets.getByIndex(0)
とか
ThisComponent.Sheets.getByName("表1")
としなくてはならないので、
Public Function Sheets(val As Variant) As Object

Select Case TypeName(val)
Case "String"
Sheets = ThisComponent.Sheets.getByName(val)
Case "Integer"
Sheets = ThisComponent.Sheets.getByIndex(val)
Case Else
Sheets = Nothing
End Select

End Function
という関数を定義して利用する事にします。

この関数は後々まで使うので、mdlMainというモジュールを作ってその中に入れておきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/2-e305bd34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。