OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
createUnoDialog - 自作ダイアログの利用

IDEにてモジュール以外にダイアログを追加して、ボタンやテキストボックスなどのコントロールを配置することで、自作のダイアログを利用する事ができます。但し、ダイアログを扱うには多くの知識が必要になるため、敷居が高いのは否めません。
そこで、それがなるべく簡単になるよう、必要最低限の機能を説明したいと思います。

まず、IDEのモジュール名タブにてマウスの右クリックをし、「挿入」から「BASICダイアログ」を選びます。すると、何も配置されていないダイアログが作成されます。そして、「dlgSample」と名称を変更します。

次に、これをマクロで表示させるためのサンプルコードを下記に示します。

Sub Main
    
    Dim oDialog As Object
    
    oDialog = createUnoDialog(DialogLibraries.Standard.dlgSample)
    With oDialog
        .execute
        .dispose
    End With
    
End Sub

これは、ただ単にダイアログを表示して、ウィンドウの閉じるボタンで終了するだけのものです。

VBAではダイアログ(フォーム)に直接コードを書きますが、OOoBasicはモジュールにコードを記述しなくてはなりません。
これは僕流のやり方なのですが、僕はダイアログと同じ名前のモジュールを用意して、これをVBAのフォームに付随するコードのように使っています。例えば、今回の「dlgSample」に対し「mdlSample」というのを作り、そこにコードを記述していきます。今後このブログ中でもいくつかのダイアログを扱いますが、全てこうしたコードの記述を行いますので、留意下さい。
こうする事のメリットとして、以下のようなコードを記述する事ができることにあります。

mdlSample
Sub Show
    
    Dim oDialog As Object
    
    oDialog = createUnoDialog(DialogLibraries.Standard.dlgSample)
    With oDialog
        .execute
        .dispose
    End With
    
End Sub
Module1
Sub Main
    mdlSample.Show
End Sub

ここで、Module1のMainを実行するとダイアログが表示されます。VBAではUserForm1.Showとして使う事ができるのと似ていませんか?
また、配置したコントロールも同様に扱えるような工夫ができます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/32-88286747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。