OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テキストボックスの利用

今度はテキストボックスを配置します。

テキストボックスの名前を「txtInput」として、OKボタンを押すと入力された内容をメッセージボックスに表示してから内容をクリアするという処理を作成します。
テキストボックスとボタンを配置したダイアログは下図のようになります。


次に、コードを以下に示します。

Private oDialog As Object
Private btnOK As Object
Private txtInput As Object '---(1)
 
Private oActionListener As Object
 
Sub Show
    
    Initialize
    
    With oDialog
        .execute
        .dispose
    End With
    
End Sub
 
Sub Initialize
    
    oDialog =  createUnoDialog(DialogLibraries.Standard.dlgSample)
    
    oActionListener = CreateUnoListener("dlgSampleActionListener_", _
        "com.sun.star.awt.XActionListener")
    
    btnOK = oDialog.getControl("btnOK")
    btnOK.addActionListener(oActionListener)
    btnOK.Label = "~OK"
    
    txtInput = oDialog.getControl("txtInput") '---(2)
    txtInput.Text = "" '---(3)
    
End Sub
 
Sub btnOK_Click
    'oDialog.endExecute
    MsgBox txtInput.Text '---(4)
    txtInput.Text = ""
End Sub
 
Sub dlgSampleActionListener_actionPerformed
    btnOK_Click
End Sub
 
Sub dlgSampleActionListener_disposing
 
End Sub

内容を解説します

  1. ボタン同様にテキストボックス用変数を宣言します
  2. ダイアログ中のテキストボックスを変数に割り当てます
  3. 初期処理としてテキストボックスの内容を消去します
  4. ボタンをクリックしたらMsgBox関数でテキストボックスの内容を表示し、内容を消去します

これもまたボタンと同じで

MsgBox oDialog.getControl("txtInput").Text
oDialog.getControl("txtInput").Text = ""
というように毎回記述しても構いません。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/37-abb1a2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。