OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OpenOffice.orgを使うメリットとデメリット

色々なところで議論されていることですが、仕事で使おうとするとデメリットばかりが目につきますね。

自作のPCや安価なPCでなければほとんどExcelとWordは入っていて、家でもExcelやWordを使っている人は多くいますし、デザイン系の仕事をしている人や研究者が好んで使うMacにもExcelとWord、PowerPointがあることからMSOfficeで作成したファイルは、まずどこへ行っても見る事ができます。
このことから、仕事で受け渡しされるファイルの多くはMSOfficeで作成されたもので、次に多いのはPDFではないでしょうか。一太郎で作られたものも極端に減ってきましたし、ましてやOpenOffice.orgのファイルが送られてきたことなどは一度もありません。

もしOpenOffice.orgで作ったファイルを送ったら迷惑をかけるだけだし、相手によっては怒りかねません。

しかし、こんな状況になったのはこの10年くらいのことです。僕がVBAで開発を始めた頃は、表計算はLotas1-2-3、ワープロは一太郎というのが業界標準でした。これが逆転した現象について、MSの販売手法を指摘する人もいるかもしれませんが、MSOfficeが優位に立てたのはVBAという開発環境もその一因だと思います。
僕はOffice4.2を手に入れた時、ソフトに付属の極めて分厚いマクロの取扱説明書に目を通した後、これを開発プラットフォームにしようと決めました。単独のアプリケーションを作成できる開発環境には自由度で負けますが、業務に必要なインターフェースを予め備えている開発環境というのはとても魅力的だと感じたことを今でも覚えています。
Office97が出る頃には書店に多くの書籍が並ぶようになり、同時にインターネットの普及も進んだことからVBAを扱ったホームページもたくさん出てきて、これがExcelを代表とするMSOfficeの普及を後押ししたのだと考えています。

では、OpenOffice.orgはどうでしょうか。

市場にはMSOfficeという圧倒的シェアを誇るソフトがあり、このソフトに関する書籍はほとんど無いという状況はまさに10年前のExcel/Wordと酷似しています。
そして、OpenOffice.orgにはMSOfficeより優れた開発環境があります。MSOfficeはほとんどのPCにインストールされているとは言え、Personal版ではExcelとWordしかありません。これに対し、OpenOffice.orgには2.0からBaseというデータベースアプリケーションがついています。あまりデータベースは一般的でないという意見もあるかもしれませんが、開発者ならデータベースがあれば使う人がほとんどだと思います。
MSOfficeでデータベースを使って開発をしようと考えたとき、Accessが入っているか他のデータベースアプリケーションがないと多少面倒です。これに対し、OpenOffice.org2.0以降であれば、Baseを使ってデータベースを自由に操作できるのです。
また、サーバー用途でLinuxが広がりつつある現状もOpenOffice.orgにとっては好材料だと言えます。邪道かもしれませんが、開発環境に簡単な文書作成環境が入っているのはとても便利です。また、サーバーサイドでMSOfficeのファイルを生成するのは多少手間とお金がかかりますが、OpenOffice.orgのファイルなら無料で簡単に生成できます。

一般的にOpenOffice.orgのメリットは無料であることだと言われています。しかし、僕はそれよりも多くの環境で動作する事の方がメリットだと考えています。そしてこのマルチプラットフォームの環境に早い段階で移行しておくと、今後の市場動向に柔軟な対応が可能になり、分野によってはとても優位な立場になれるのではないでしょうか。

そして、オープンドキュメント形式を扱う各種ライブラリが出揃い、OpenOffice.orgのマクロに関する書籍も店頭に多く並ぶようになれば、OpenOffice.orgのマクロを作る人も増えていることでしょう。もし、そうなれば必ずMSOfficeが優位を保っているとは言えないのではないでしょうか。
もしくは別のオフィススイートが台頭してきているかもしれません。いずれにせよ、多くのアプリケーションで、作成したアプリケーションを気にせずにファイルの編集ができるようになるでしょう。

このブログは、こんな未来を築くきっかけの一つになることを目指しています。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/10(木) 13:38:40 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/43-9538c926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。