OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
項目編集ダイアログ その4

進捗状況を変更すると、スクロールバーの左側にあるラベルコントロールに表示する数値を更新する機能を追加します。

まず、スクロールバーを調整した時に呼び出されるAdjustmentListenerを宣言し、スクロールバーに登録します。これは既に提示したマクロの中にありますが、必要な部分を再度書き出します。

mdlEditItem

'変数宣言
Private oAdjustmentListener As Object

Sub Initialize
    
    '~ 略 ~
    
    oAdjustmentListener = CreateUnoListener( _
        "dlgEditItemAdjustmentListener_", _
        "com.sun.star.awt.XAdjustmentListener")
    scbStatus.addAdjustmentListener(oAdjustmentListener)

    '~ 略 ~
    
End Sub

スクロールバーを調整した時に実行したい関数を宣言します。動作の内容はスクロールバーの値に「%」を付加してラベルコントロールtxtStatusに表示するというものです。

Private Sub scbStatus_Changed
    txtStatus.Text = scbStatus.Value & "%"
End Sub

最後に、AdjustmentListenerに必要な関数を宣言します。ここでも、今まで通り呼び出し元の名前から処理を分岐する内容になっています。

Private Sub dlgEditItemAdjustmentListener_adjustmentValueChanged(oEvent)
    
    Select Case oEvent.Source.getModel().Name
        Case "scbStatus"
            scbStatus_Changed
        Case Else
        
    End Select
    
End Sub

Private Sub dlgEditItemAdjustmentListener_disposing(): End Sub
スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/61-796c3146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。