OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進捗データ管理ダイアログ その1

ここで言う進捗データ管理とは、一般的にイナズマ線と呼ばれるものです。まず、項目データにあるProgress1~20を管理するために、Progressという日付データの配列を宣言します。そして、このデータを読込み、保存する関数を作成します。

Public Progresses(20) As Date
 
Sub LoadProgress
    
    Dim i  As Integer
    
    For i = 1 To 20
        Progresses(i) = Cells(ItemSheet, i + 10, 1).Value
    Next i
    
End Sub
 
Sub SaveProgress

    Dim i  As Integer
    
    For i = 1 To 20
        Cells(ItemSheet, i + 10, 1).Value = Progresses(i)
    Next i
    
End Sub

ここで、データの保存先は項目データの進捗データの一番上(ヘッダー行)としています。
そして、mdlItem.LoadAll関数に進捗データの読み込み、mdlItem.SaveAll関数に進捗データの保存を追記します。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/80-da6c915f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。