OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データ管理ダイアログ その3

分類・項目データの追加と削除について解説します。

分類の追加はbtnAddCategoryコントロールをクリックして行うので、btnAddCategory_actionPerformed関数を作成します。

Private Sub btnAddCategory_actionPerformed
    
    mdlCategory.Add
    mdlEditCategory.Show(mdlCategory.Count)
    Update_lstData
    
End Sub

mddlCategory.Add関数で分類の追加を行います。そしてmdlCategory.Count関数により、追加した分類の番号を取得して編集用ダイアログを表示し、ダイアログを閉じたらリストを更新するという処理を行います。

次に項目の追加はbtnAddItem_actionPerformed関数で行います。

Private Sub btnAddItem_actionPerformed
    
    If mdlCategory.Count < 1 Then Exit Sub
    mdlItem.Add
    mdlEditItem.Show(mdlItem.Count)
    Update_lstData
    
End Sub

項目は分類がなければ登録できないので、まず分類が1つ以上登録されている事を確認します。そして項目を追加し、追加した項目の編集ダイアログを表示し、ダイアログを閉じたらリストを更新するという処理を行います。

最後に削除はbtnDelete_actionPerformed関数で行います。

Private Sub btnDelete_actionPerformed
    
    Dim i As Integer
    
    i = lstData.getSelectedItemPos + 1
    
    Select Case Bins(i)._Type
        Case BINTYPE_CATEGORY
            mdlCategory.Delete(Bins(i)._Id)
        Case BINTYPE_ITEM
            mdlItem.Delete(Bins(i)._Id)
    End Select
    
    Update_lstData
    
End Sub

リストボックスにて選択されたアイテムの番号を取得します。そして選択されたアイテムからBinデータを参照し、分類と項目を区別して選択されたデータを削除しています。削除が終わったらリストボックスの内容を更新しています。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/88-67e24ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。