OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データ管理ダイアログ その7

データの保存について解説します。

保存は、各データのSaveAll関数を呼び出すだけで、コードは下記となります。

Private Sub btnSave_actionPerformed
    
    oDialog.setEnable(False)
    setScreenUpdating(False)
    
    mdlCategory.SaveAll
    mdlItem.SaveAll
    mdlSchedule.SaveAll
    mdlPerson.SaveAll
    
    setScreenUpdating(True)
    
    flgUpdate = True
    oDialog.endExecute
    
End Sub

まず、保存処理中に他のボタンを無効化しておくため、setEnableメソッドでダイアログを操作できなくしてしまいます。
次に、セルのデータを書き込む毎に画面の更新をすると処理に時間がかかってしまうので、画面更新を停止させます。そして、データを保存するため各種データのSaveAll関数を呼び出し、データをシートに書き込みます。
書込みが終了したら、画面の更新を再度有効にして、ダイアログを閉じます。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/92-12b35477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。