OpenOffice.org Basicでガントチャート
OpenOffice.org Basicを使ってガントチャート作成用マクロ ガントチャートforOOoを開発する手順を紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
InputBox - 値の入力

マクロの実行時にちょっとした入力をユーザーに行ってもらいたい時、とても役立つのがInputBox関数です。

[用法]

InputBox (メッセージ[, タイトル[, 初期値[, 横位置, 縦位置]]]])

[例]

InputBox("何か値を入力して下さい。")
InputBox("何か値を入力して下さい。", "InputBoxの例")
InputBox("何か値を入力して下さい。", "InputBoxの例", "初期値を入力します。")

ここで、注意点が2つあります。

  1. InputBoxにはOKとキャンセルのボタンがあります。ここで、キャンセルボタンを押すと文字数が0の文字列が戻ってきます。よって何も入力しない状態でOKを押した時とキャンセルボタンを押した時は同意義になります。
  2. 戻り値の型は文字列なので、数値を入力したい時は型の変換を行う必要があります。
これらの事を踏まえた実例を下記に示します。

Sub Main
    
    Dim ans
    Dim msg
    
    ans = InputBox("入力テスト")
    msg = TypeName(ans)
    
    If ans = "" Then
        ans = "キャンセル"
    End If
    
    MsgBox(ans & chr(13) & msg)
    
End Sub

色々な入力を試してみて下さい。

スポンサーサイト

テーマ:OpenOffice.org - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinob.blog42.fc2.com/tb.php/98-f0010f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT(C) 2004 POWERD BY FC2 ALLRIGHT RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。